2017年12月14日木曜日

【雑感】 沖縄でインスタ映えする写真を撮るということ



 肩から一眼レフを下げてビーチを歩いていると「すみません。シャッター押してもらっていいですか?」とよく声をかけられます。

 もっとも最近は、若い人達は自撮りをするので、声をかけられることも少なくなったのですが、一方、こんな質問をされることがあるのです。

 「インスタ映えする水着の写真ってどうすれば撮れるのですか。」


 以下、今年石垣島で、女子2人組から聞いた話です。

 ナイトプールって流行っているけど、きれいでおしゃれだし、浮き輪とかもカワイイのがあるし、夜だから仕事帰りに行けるし、日焼けもしないから。
 でも、本当は、みんな自分の水着の写真をインスタグラムに載せたいから。だから、女の子はみんなナイトプールに行きたがる。
 ぶっちゃけ、水着の写真を載せると「いいね!」の数が全然違う。フォロアーも増えるし。だからみんな「いいね!」が欲しいっていうのが本音。

 ~でも、それならナイトプールでなくてもいいのでは?

 そこは、女友達の目もあるから、水着ならいいってものじゃない。ナイトプールなら、みんな行くから自分も行って写真を撮ってきたと言えるし、イルミネーションとかがきれいだから、インスタ映えする写真が簡単に撮れる。
 沖縄も同じ。海がきれいでした、泳ぎました、写真撮りました、なら全然問題ないし、9月とかになると水着写真を載せる人も少なくなるからなおいい。


 ふ~ん。ま、おっさん的には、若い女の子が進んで水着写真を公開するのは、大変結構なことでありますが、しかし、そこまでするのかね~という気持ちも。




 彼女達の撮りたい「インスタ映えする写真」とは、
 「いかにもリゾートしてます」という感じで、
 でも顔はあまり晒したくなくて、
 目立ちたいけれど、かといって狙いました感が強くない、自然な、
 写真だそうで。

 そりゃ難し過ぎるだろぉ~

 一応アドバイスとして、
 背景に余計なものがゴチャゴチャ写らないようにすること、
 モデルが緊張しないで弾けていること、
 顔を隠すには、撮った写真を加工すると却って目立つので、サングラスをする、帽子を目深に被る、横・後ろ向きに撮る、人物を小さく撮る方がいいこと、
 などを伝えました。




 実は最近、当ブログでもインスタグラムを始めたのです。


 ブログ宣伝用のつもりなのですが、その狙いはともかく、アップした写真にはそれなりの人が「いいね!」をしてくれます。

 そして、「いいね!」をしてくれた人を追いかけて行くと、沖縄好き、海好きと思われる若い女性の中には、水着の写真を載せている人が少なからずいます。
 それだけでも驚きなのですが、その写真にどれ位「いいね!」があるかというと、

 どひゃ! 桁違い、それも二桁違いもザラ。

 突然、インスタを止めたくなりました。


 なるほど、そういうことか。
 確かに、こんなに大勢見に来てくれるならば、ナイトプールでも沖縄でも行って、水着写真を撮りたくなるよな。

 
 そういえば、某島でガイドをしている某氏も、ホームページに水着女子の写真を載せると、閲覧数が増えると言っていました。

 やはりみなさん、建前と本音がありますからねぇ。



 「近頃の若者は金を使わない」と嘆く経済人が多いそうですが、若者が金を使わないのではなく、「30年前の若者と同じような金の使い方はしない」というのが正解ではないでしょうか。

 件の彼女達曰く、「ナイトプール高いですよ。1万円近くするところもあって、しかも、週末とかは混んでいて入場制限される時もあるし、それに夏でも夜は案外寒いときもあって、結構過酷なんですよね~。」

 それでも、みんな行くのですよ。プールサイドでカクテルとか飲むからなおさら金を使う。楽しいと思うことには、みんな金も使うしパワーも使うのです。

 昔みたいに、車に金を使うとか、ファッションに金を使うとか、分かりやすい金の使い方をしてくれないだけのような気がします。

 しかも、ネット時代は、流行も廃りも超高速。「○○が流行っているから自分も」と皆が思った時には、もう既に遅いのです。

 ナイトプールは、専ら都会のシティホテルのプールだけでしたが、ブームに便乗し、レジャープールの参入も始まったとか。
 そうして、各地にナイトプールが登場する頃には、ブームは下火になっているでしょう。



 インスタグラムは、日本語版がリリースされたのが2014年のこと。まだ3年しかたっていません。

 今後もブームが続くのか、また新たなアプリが出現して、みんなそっちに行くのか、まったく分かりません。


 ただ、「今時ブログなんてやってる奴いるの?」なんてことにだけはなりませんように。


2017年12月10日日曜日

黒島仲本海岸2017 自分史上最高の仲本海岸かも




 「インスタ映え」が流行語大賞になった今年。そこで、インスタグラム風に写真をスクエア(正方形)にしてみました。
 (特に意味はありませんが・・・)


 テーマは、黒島の仲本海岸。
 今まで何回も行って写真を撮り、フォトコンに入賞したこともある縁起の良い場所ですが、今年の9月は、今までで最高のコンディションでは?というくらい、干潮、晴れ、夏の雲、無風という素晴らしい条件に恵まれました。



 シュノーケリングではなく、浅瀬で防水カメラをちょっとだけ海に入れてみました。



 と、こんな奴がいきなり接近。(^0^;)


 一般には、シュノーケリングのポイントとして知られている仲本海岸ですが、干潮時には、リーフに囲まれた海が池状態になる、恐らく宮古・八重山の中でも唯一無二の場所だと思います。
 なので、干潮時に晴れて無風だと、こんな情景が辺り一帯に広がります。渡道(わたんじ)と呼ばれる、干上がった岩場を歩いて行くことができます。



 青い魚、ルリスズメダイがそこいら中にうじゃうじゃ。人間が近寄ってもあまり逃げません。



 珊瑚礁の道。干潮でもギリギリ海に浸かっているので、これは生きた珊瑚です。ここに足を踏み入れることはできません。
 こちらは、海に飛び込んで、シュノーケリングで楽しんでください。



 海の方からの砂浜の眺め。
 ここではもちろん、シュノーケリングも楽しいです。一方、写真派の人は、一眼レフを持って歩くこともできます。
 

2017年12月6日水曜日

「来間漁港ヨコビーチ」は「猫の下」という名前らしい 



 宮古島から来間大橋を渡り切り、道なりに急坂を登ってから右折して今度は下ります。
 そこに現れるのは、来間漁港と、その左側に美しい宮古の海。
 
 でも、名前が分からない。ググってみると、「来間ビーチ」「来間漁港ヨコビーチ」と出てきたので、去年は、「来間漁港ヨコビーチ」と書いたのですが、どうやら「猫下ビーチ」「猫の下ビーチ」と呼ぶ人もいるらしい。
 
 本来の地名なのか、通称なのか分かりませんが、今年は「猫の下ビーチ」を採用します。


 そういうわけで、「猫の下ビーチ2017」です。ご覧あれ。



 前浜の真向かいです。そう考えれば美しくないはずがない。


 干潮時に現れる、波・砂模様です。


 こちらは、来間漁港。ここの海も当然のように綺麗です。


 こちらも、一般的には「来間漁港」と呼ばれていますが、今は漁船の利用はなく、ダイビング船やグラスボートなどのプレジャーボートが利用しているだけのようです。


 以前は、泳いでいる人も砂浜に寝っ転がっている人も見たことがなかったのですが、最近は、チラホラと人を見かけるようになりました。
 
 今年行ったSUPツアーも、ここからの出発でした。


 来間漁港の堤防から眺めた、べた凪の海。


 車さえあれば、簡単にアクセスできる場所ですが、いつも静かでノンビリとしています。晴れた日には、浜の白砂が目に染みます。


 
 ところで、絶景100選でも取り上げたこの写真。2012年に撮ったものですが、場所はまさしく猫の下。どうしてこんなに急に海の色が変わるのか、ずっと不思議でした。
 普通は、滲むように徐々に色が変わって行くのですが・・・ 急に深くなるならば、そこで波立つはずだし・・・

 SUPをしていて分かったのですが、ちょうど海が深くなる辺りに藻場があったのです。だからこんなハッキリとした色違いになっちゃったようです。

 藻場といっても、海藻が生えているだけですから、一発台風が来れば状況が変わります。今は、これとは違う眺めです。